×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ ジャンクスタイルのホームへ

クッキーモンスターのチョコチップクッキーの作り方/レシピ|セサミストリート|Cookie Monster's Chocolate Chip Cookies

本文開始

クッキーモンスターのクッキーが食べたい!

ステラおばさんのクッキー

アメリカンタイプのクッキーと言えば、やっぱりステラおばさんのクッキーですよね。
うちの近くの駅にもあるのですが、前を通ると、ぷわ〜んと良い香りがしてきて、素通りするのが大変です。
チョコチップにウォールナッツ、ジンジャーにオートミール・・・と種類も豊富で、クッキーモンスターが食べていそうなクッキーばかり。かわいいキャニスター入りのものも多いので常備しておいて、セサミを見るときはキャニスターごとそばに置いておきましょうね!

【アントステラ】マイチョイス 人気の定番 (チョコチップ、コンフレ、ミルクシュガー、チョコ...

【アントステラ】マイチョイス 人気の定番

アントステラのベストセラークッキー5枚入り。
チョコチップ/コーンフレーク/ミルクシュガー/チョコレートオートミール/バタースカッチ

クッキーミックスでお手軽に (GHIRARDELLI Chocolate Chip)

手作りしてみたいけれど、ちょっと面倒くさい・・・という人には、クッキーミックスがお手軽。いろんなメーカーから、水や卵を混ぜて焼くだけ、という粉が発売されています。

ここでもアメリカンタイプにこだわりたいときは、GHIRARDELLIのクッキーミックス。GHIRARDELLIはサンフランシスコにある世界的に有名なチョコレートの老舗です。
作り方は簡単♪ 卵とバターを混ぜて焼くだけで、美味しいチョコチップクッキーができます。4袋入りで、1袋で直径約6cmのクッキー24枚分ぐらい。
美味しいですが、甘さもかなりアメリカンなので(^^;)、甘すぎるのが苦手な人はコーンフレークやオートミール、ナッツなどを混ぜると、食感も変わってますます美味しい!

チョコレートチップクッキーミックス

GHIRARDELLI
チョコレートチップクッキーミックス

内容量:2.3kg(4袋入り)

クッキーモンスターのチョコチップクッキーの作り方

やっぱり全部自分で作りたい!という人のためにレシピをご紹介します。
セサミストリートのビデオ(Sesame Street - Cookie Monster's Best Bites)についてきたクッキーモンスターのお気に入り・チョコチップクッキーのレシピを日本向けにアレンジしたものです。

ちなみにこのビデオは、クッキーモンスターが自分でクッキーを作るストーリーで、歌も多くて◎。あの名曲、"C Is for Cookie" だってもちろん入っています。
クッキーモンスターが好きなら絶対にお気に入りの1本になるはず。

Cookie Monster's Best Bites

Sesame Street
Cookie Monster's Best Bites

VHS
U.S. 定価: $9.98
価格: ¥1,109 (税込)
DVD もあります。

・ 材料(約36個分)
  • バター(またはマーガリン):100g
  • 三温糖: 40g
  • グラニュー糖: 40g
  • バニラエッセンス: 適量
  • 卵: 1個
  • 小麦粉(薄力粉): 140g
  • ベーキングパウダー: 小さじ1/2
  • チョコレートチップ: 150g(好みで増減)
  • その他、好みでクルミやピーカンナッツなど

参考までに、クッキーモンスターのオリジナルレシピの材料はこちら。
約6ダース分、甘さもできあがる量もアメリカ〜ンです!(笑)。
この分量で作る方、アメリカとはカップの分量(1カップ240cc)や小麦粉の種類(強力粉と薄力粉の中間ぐらい)が異なりますので、ご注意を!(→単位の換算表)

  • 1/2 pound (2 sticks) unsalted butter or margarine, softened
  • 3/4 cup packed brown sugar
  • 3/4 cup granulated sugar
  • 1 teaspoon vanilla
  • 2 eggs
  • 2 1/4 cups flour
  • 1 teaspoon baking soda
  • 1/4 teaspoon salt
  • 12 ounces semi-sweet chocolate chips
ハーシーセミスィートチョコレートチップス340g

ハーシー セミスィートチョコレートチップス
340g

手作りするなら材料にもこだわりたい。
ハーシーのチョコチップは、溶ける温度や、少し大きめの粒がクッキーに入れるのに最適。甘すぎないのもいい感じ。

・ 作り方
  1. オーブンは190℃に温めておきます。
  2. バターは室温で柔らかく戻しておきます。
  3. 大きなボールにバターとグラニュー糖・三温糖を入れ、白っぽくふわふわになるまでよく混ぜます。
  4. 卵を少しずついれ、よく混ぜます。バニラエッセンスも入れます。
  5. ふるった小麦粉とベーキングパウダーを加え、よく混ぜます。
  6. チョコレートチップも加えて混ぜます。
  7. 天板にクッキングシートを引き、混ぜたたねをスプーン1杯ずつ(直径3〜4cm になるように)、5cm 間隔ぐらいで落としていきます。
    (熱でバターが溶け、でろーんと広がるので、間を空けておかないとみんなくっついてしまいます)
  8. 黄金色になるまで、約10〜15分ほど焼きます。
    (オーブンによってはかなり早く焼けるので、10分過ぎぐらいから様子を見ながら焼きましょう)
  9. 金網の上で冷ましたら、できあがり!
チョコチップクッキー

・ ポイント

♡ バターや粉をよく混ぜる
バターと砂糖を混ぜるときは、できれば電動ミキサーを使ってホイップクリームのようになるまで泡立てましょう!(ただし、そうするとバターが溶け出して広がりやすくなるので、あまり広がらないで厚みのあるクッキーにしたいときは泡立てすぎないようにします。)
また、粉と混ぜるときも、一般的には「練らずにさっくりと」ですが、アメリカンタイプのクッキーではガンガン混ぜても大丈夫です。本来は中力粉ぐらいで作りたいところを薄力粉にしていますので、練り過ぎちゃったぐらいがちょうど良いのです(笑)。

♡ 好みでバターと粉を増減
クッキーモンスターがバリバリかじっているような、もうちょっと薄手のクッキーにしたいときはバターの分量を増やしてください。1.5倍ぐらいまで増やしても大丈夫です。
また、逆に厚みがあってソフトな感じのクッキーにしたいときは、バターを少なめ(半分ぐらい)にします。これは、バターの量によってオーブンの中での広がり具合が変わってくるためです。
また、気温が高いときは小麦粉をスプーン1杯ぐらい多めにするなど、微調整します。
一般的に焼き菓子というのは黄金比があるので「材料を正確に計って」と言われますが、このタイプのクッキーは例外です(笑)。このアバウトさが良いのです。

♡ 生のナッツを混ぜるときは焼いてから
生のナッツを加えるときは、あらかじめ190℃のオーブンで10分ほど焼いておきます。完全に冷ましてから生地に混ぜます。

♡ きれいな形にするには?
生地を置くときに、できるだけきれいな丸にすれば良いのですが、秘密兵器はアイスクリームディッシャーです!
小さめのディッシャーで生地をすくって置いていけば、均等な大きさのクッキーが焼けます。
もっとも、アメリカンタイプのクッキーはいびつな形も魅力の一つなので、あまり形にはこだわらなくてもいいと思います☆

アイスクリームディッシャー 18-8MB(18cc)

アイスクリームディッシャー
18-8MB(18cc)

直径約1.5インチのこのサイズがクッキー作りにはオススメ。
数種類のアイスクリームを可愛く盛りつけるときにもちょうど良いサイズなので、持っておいて損はないかも?

セサミストリートでクッキーモンスターが出てくると、絶対にクッキーが食べたくなりますよね。もちろんアメリカンタイプのやつ。
普段はあまりお菓子を食べない私も、セサミを見ているときだけは別!

このクッキーモンスターが食べているイメージのクッキーや、チョコレートチップクッキーのレシピをご紹介します。

チーズケーキ入りお試しセット

Okasix

・ おすすめBOOK ・

お菓子作りのなぜ?がわかる本

amazon.co.jpへ

お菓子作りの疑問に答える、目からウロコ間違いなしの本。
これから初めてお菓子を作る人から腕に自信のある人まで、読んでおいて損はありません。

Got Milk?: The Cookie Book

amazon.co.jpへ

洋書です。どうしてアメリカ人はこんなにクッキーが好きなんでしょうね?
日本ではクッキーだけのレシピ本なんてそうそうありませんが、洋書だと山のように見つかります。その中でもオススメがこれ!
50種類以上のレシピが、基礎から丁寧に紹介されています。
はじめてパラパラめくったとき、名前にCCCsとついているものがたくさんあって何かと思ったら Chocolate Chip Cookies の略でした。チョコチップクッキーだけでも10種類ものバリエーションがあってビックリ☆
見ているだけで幸せになります♪
この本のレシピで実際に作ってみたクッキーはこちら

型のいらないビスケット

amazon.co.jpへ

「ビスケット」というタイトルからも分かるように、こちらはイギリス風。
型を使わずに作る気取らない素朴なビスケットの数々は、何だか懐かしい気分にさせてくれます。
少ない道具と材料でシンプルに作れるものばかりというのも◎

Copyright (C) 2004 Junk Style. All rights reserved.