×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ ジャンクスタイルのホームへ

ル・クルーゼを使った料理いろいろ|クッキング/レシピ|Le Creuset

本文開始

ル・クルーゼでお料理しましょう♪

ルクルーゼ ソースパン(OR) ルクルーゼ ミニ・フォンデュ・セット(WH) ルクルーゼ ココットロンド(OR-24cm) ルクルーゼ グリルロンド(RD) ルクルーゼ ラムカン ダムール(RD) ルクルーゼ ココット・オーバル(GR−25cm)

愛用のル・クルーゼを使ったお料理をご紹介します。
もちろん他のお鍋でもできますが、火を止めた後の余熱でじんわり仕上げたり、ゆっくり煮込む料理はル・クルーゼの得意技です。

【関連コンテンツ】
ル・クルーゼを使った料理本のレビュー
平野由希子さんのル・クルーゼ本のレシピで作ってみた料理

蒸し鶏のマスタードサラダ

余熱でじんわり火を通す蒸し鶏は、しっとりぷりぷりに仕上がります♪
我が家では蒸し鶏は棒々鶏にすることが多いですが、たまには気分を変えてマスタード風味のドレッシングで。

【材料】

  • 蒸し鶏(鶏もも肉・ネギ・生姜・酒・塩)
  • キュウリ
  • レタス
  • セロリ
  • ミニトマト
  • ドレッシング(マヨネーズ・マスタード・レモン汁・オリーブオイル・塩・こしょう・パセリをお好みの分量で)

【作り方】

  1. 蒸し鶏を作ります。鶏肉の厚いところは火が通りやすいようにフォークで穴をあけるか、包丁で切り込みを入れておきます。
  2. ル・クルーゼのお鍋(ココット・ロンドなど)に鶏肉をできるだけ重ならないように並べ、ネギの青いところと生姜の薄切りを載せます。
  3. 酒を1カップほどふりかけ、塩少々もふります。
  4. 鍋を中火にかけ、煮立ったら弱火にし、5〜6分ほど加熱します(量が多い場合や、気温が低い場合などはもう少し長めに)。
  5. 火を止め、フタは取らずにそのまま冷まします。※余熱で中心まで火を通します。
  6. 鶏肉が冷めたら適当な大きさに切り、キュウリ・セロリも同じくらいの細切りにします。
  7. ドレッシングで和え、レタスの上に盛りつけます。ミニトマトを飾ります。
できあがり♪
蒸し鶏のマスタードサラダ

【コメント】

◆蒸し時間はお鍋の大きさや分量によって異なるので、自分のココットのサイズで勘を磨くと良いですね☆

◆材料をすべて盛りつけた後にドレッシングをかけた方が見た目はキレイですが、私は先に混ぜ混ぜしておいてしんなりしたのが好きです。

◆ドレッシングは味を見ながらお好みで良いと思いますが、大体の目安はマヨネーズ3に対してマスタード・レモン汁・オリーブオイルが各1ぐらい。また、鶏を蒸したときの汁を入れてのばしても美味しいです☆

◆もちろんマスタードは粒入りで。それから、私はクレイジーソルトも愛用しています。

クレイジーシーズニングシリーズ4種5本(ソルト&ペッパー)ギフトセット クレイジーシーズニングシリーズ
4種5本(ソルト&ペッパー)ギフトセット

ドレッシングや肉料理・魚料理の下味など、オールマイティな天然ハーブ&スパイス。
ちょっとした料理もこれを振るだけでワンランク上の味になります☆

煮込みハンバーグ

表面に焼き色を付けた後、お鍋でじっくり煮込んだハンバーグのジューシーさはたまりませんね。 とっても簡単なのに、本格的な味わいになるので、市販のデミグラスソースを使ったと思われてしまうこともしばしば(^-^;)
お鍋で仕上げるハンバーグは失敗がないので初心者さんにもオススメ☆
ビュッフェ・キャセロールで作って、お鍋ごとテーブルに出しても素敵ですね♪

【材料】

  • ハンバーグ(挽肉・玉ねぎ・卵・食パン・牛乳・塩・こしょう・ナツメグ・クローブ)
  • バター
  • 玉ねぎ
  • 小麦粉
  • コンソメ
  • 赤ワイン
  • ウスターソース
  • ケチャップ
  • ハーブ類(セロリの葉、パセリの軸、ローリエなど)
  • 塩・こしょう
  • マッシュルームやブロッコリー、にんじん、ジャガイモなどをお好みで

【作り方】

  1. ハンバーグを作ります。玉ねぎはみじん切りにして炒めておきます。食パンは細かくちぎり、牛乳に浸しておきます。
  2. ハンバーグの材料をすべてボールに入れ、よく混ぜます。(玉ねぎは冷めてから、食パンは水気を軽く切ってから入れる)
  3. グリル・ロンドかフライパンを熱して油を薄くひき、楕円形にして中心をへこませたハンバーグを焼きます。両面にしっかり焼き色を付けます。
  4. ソースを作ります。フライパンにバターを熱し、薄切りにした玉ねぎを炒めます。
  5. 玉ねぎが透き通ってしんなりしてきたら小麦粉少量を振り入れ、粉っぽさがなくなるまでよく炒めます。
  6. 赤ワイン・コンソメ・ウスターソース・ケチャップを入れ、よく混ぜながら煮立てます。
  7. 鍋(ココット・ロンドやビュッフェ・キャセロールなど)に先ほどのハンバーグを並べ、焼き汁も入れます。6.のソースを入れ、ハーブ類を載せます。
  8. フタをして弱火で2〜30分煮ます。(一緒に煮込む野菜があれば、このときに入れます。緑のものは茹でておいて最後に)
  9. 最後に塩こしょうで味を調えます。
できあがり♪
煮込みハンバーグ
ル・クルーゼのビュッフェ・キャセロールで。

【コメント】

◆ハンバーグは普段作り慣れているレシピ通りでOK

◆ソースの分量はお好みでいいと思いますが・・・私はいつも、玉ねぎ1個、バター20gぐらい、小麦粉小さじ1〜2、赤ワインを1〜2カップ、ケチャップ1/2カップにウスターソースが1/4カップぐらいでしょうか?

◆ソースにもナツメグ、クローブ、パプリカなどのスパイスを入れるとさらに味に深みが出ます。

◆仕上げに鍋ごとオーブンに入れても美味しくできます!おもてなしの時などにこの調理方法をすると結構受けます☆

プルクルト(ハンガリー風の肉の煮込み)

パプリカパウダーをたっぷり使った真っ赤な煮込み料理です。
茹でたジャガイモやマッシュポテトを添えたり、フェトチーネやご飯にかけても美味しいですよ☆
水もスープストックも使わず野菜の水分だけで煮込むのでル・クルーゼが最適です。もし普通のお鍋で煮込むときは、少し水かスープ、ワインなどを入れた方がいいかもしれませんね。
この料理に水分を加えて、にんじんやジャガイモなどの野菜を一緒に煮込むとグヤーシュというスープになります。

【材料】(4〜5人分)
(ココット・ロンド22cmでちょうど良い分量です。)

  • 牛かたまり肉(肩バラなど):700gぐらい ※豚でも可
  • 玉ねぎ:2〜3個
  • トマト:2個(ホール缶でも可)
  • パプリカパウダー:大さじ2〜3
  • 塩・こしょう:適量

【作り方】

  1. 肉は3〜4cmのぶつ切りにし、塩・こしょうをまぶし、サラダ油を引いたフライパンで焼き目をつけておきます。
  2. 鍋に油を熱し、ぶつ切りにした玉ねぎを炒めます。
  3. 玉ねぎが透き通ってきたら、パプリカパウダーを加え、よく炒めます。
  4. ぶつ切りにしたトマトと、牛肉を加え、フタをしてごく弱火で煮ます。途中、焦げ付かないように時々底からかき混ぜます。
  5. お肉が柔らかくなったら、塩こしょうで味を調えてできあがり☆
できあがり♪
プルクルト
生クリームとパセリを飾ってみました。

【コメント】

◆フタをして弱火で煮ていると、ひたひたになるほど水分が出てくるハズですが、もし足りないようだったら水を少し足しましょう。

◆逆に、水分が出すぎて水っぽ過ぎるようだったら、お肉がある程度柔らかくなったらフタを外し、少し煮詰めていきます。

◆パプリカパウダーは種類によって甘さ(辛さ)が違います。お好みのものを。

ル・クルーゼは、我が家にはないと困るお鍋の一つ。可愛いだけじゃなくて一生モノの実力派。少しずつ増やしていきたいな☆
・ おすすめBOOK ・

「ル・クルーゼ」
だから、おいしい料理

amazon.co.jpへ

余熱を利用した蒸し方は、この本を参考にしました。
ル・クルーゼをこれから購入する方、既に持っているけれど使いこなせていないという方は必読☆

お鍋でフランス料理
ビストロの味、田舎の味

amazon.co.jpへ

すべてル・クルーゼを使った、パトリス・ジュリアンの気取らないフランス料理。
パラパラめくっているだけで幸せになる本。本格派フレンチなのに作りやすいメニューが多いのも嬉しいです。

「ル・クルーゼ」ひとつで。

amazon.co.jpへ

お手軽でセンス良く見える料理がいっぱい☆ ル・クルーゼでおもてなし料理を作りたい方にぴったりです。

Copyright (C) 2004 Junk Style. All rights reserved.