×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ ジャンクスタイルのホームへ

マレーナ MALENA |映画/ミュージカル/DVDのレビュー

本文開始

マレーナ【DVD】

ニュー・シネマ・パラダイス...NUOVO CINEMA PARADISO」「海の上のピアニストTHE LEGEND OF 1900」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品です。
遠い少年の日の思い出を描かせたら、彼以上の人はいないのではないでしょうか。

マレーナ

マレーナ
MALENA

監督・脚本: ジュゼッペ・トルナトーレ
出演: モニカ・ベルッチ/ジュゼッペ・スルファーロ/ルチアーノ・フェデリコ/マティルデ・ピアナ

2000年/イタリア/ジャンル:ドラマ

少年の憧憬

舞台は第二次世界大戦の間の、イタリア・シチリア島の小さな町。
12歳の少年レナート(ジュゼッペ・スルファーロ)は、出征した夫を持つ美しく貞淑な人妻マレーナ(モニカ・ベルッチ)に恋をしました。その美しさ故に、町中の男の欲望と女の嫉妬を一身に受けてしまい、悪意のある噂の絶えない彼女を、少年は密かに見つめ続けます。
やがて、戦争によって夫も父も失い、逼迫する財政のために年金も打ち切られ、ついには本物の娼婦となってしまう彼女を、少年の視点で追いかけていくお話。
彼女を守りたいとそれだけを願いながらも、幼すぎて何もできない少年の心の動きや成長を、とても丁寧に描いています。

「シチリア女」のたくましさ

あらすじや他の人のレビューを読んでいた限りでは、マレーナは「美しさ故に運命に翻弄される儚い女性」だと思っていました。
でも、違いました。とても強い。
「シチリア女」という表現が何度か出てくるのですが、こういう逞しい女性のことを言うのでしょうか。
どんな逆境にあっても、泣き続けるだけではなくて、自分の足で立ち上がり、前を向いて歩く。
自分の人生を生き抜くために必要な勇気を持っている女性です。

娼婦となって生きる決意をして、町に出たときの彼女の張りつめた美しさ。
町の男たちの不甲斐なさや狡賢さに失望した彼女にとっては、町の男たちも「客」としてのドイツ兵も大差なかったのでしょう。愛した夫以外は。

映画の中の現実

シチリアが解放された日、町の女たちは今までの鬱憤を晴らすように、娼婦マレーナに制裁を加えます。その醜さと残酷さは、この映画の雰囲気を一変させるほど凄惨に描かれ、身体が震えます。

でも、映画の中だけの話ではなくて、似たようなことは世界各地で事実としてあったのでしょう。
ロバート・キャパの写真にも、ドイツ兵と通じて子どもを生んだ女性が、髪を剃られ嘲笑されている作品がありました。あれはパリの写真だったように記憶しています。もしかしたら日本でもあったのかもしれません。
あの女性や子どもは、その後どんな人生を送ったのでしょうか。
戦争と、今までの抑圧とそれからの解放感、嫉妬や差別意識、集団心理などのさまざまな要因で、人の心が恐ろしく醜く歪んでしまうことを、忘れてはいけないのだと思います。

レナートは、そんな状況にあっても見つめる以外には何もできない無力な少年でしたが、最後にほんの僅かな勇気を持つことで、彼女の人生に新たな希望を繋ぎます。

ユーモアと、シチリアの景色

とても重いテーマの作品ではありますが、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の力で、暗いだけの作品になっていないところが素晴らしいです。
思春期の少年の妄想(これがまた笑える)や家族との交流、成長する過程でのさまざまな出来事をユーモアたっぷりに描いています。

モニカ・ベルッチはこの作品でしか見たことがないので、演技力云々については置いておいて。
彼女にはほとんどセリフがありません。感情もあまり表現されません。シチリアの美しい景色の中に、彼女はただ存在するだけです。
そして、それによってかえって鮮やかに、遠い日の記憶の中の「忘れられない女性像」が完璧なまでに浮かび上がります。

Copyright (C) 2004 Junk Style. All rights reserved.