×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ ジャンクスタイルのホームへ

アイ・アム・サム|I am Sam |映画/ミュージカル/DVDのレビュー

本文開始

アイ・アム・サム【DVD】

実はこの映画は興味を持ってから観るまでに随分時間がかかりました。
設定その他、興味を持つ要素は十二分にあったのだけれど、公開当時のCMが、いかにも「感動させます」って感じだったし、お涙ちょうだいの作為が見えてしまいそうで、避けていました。
で、公開から随分経って、DVDでなんとな〜く見る気になったので。
結果的に、私にとってはとても大切な1作品になりました。

アイ・アム・サム

アイ・アム・サム
I am Sam

監督: ジェシー・ネルソン
出演: ショーン・ペン/ミシェル・ファイファー/ダコタ・ファニング/ダイアン・ウィースト

2001年/アメリカ/ジャンル:ドラマ

ストーリー

7歳児の知能しか持っていないサム(ショーン・ペン)と、その娘ルーシー(ダコタ・ファニング)のお話。
サムはコーヒーショップで働きながら、一人でルーシーを育て、ささやかで幸福な日々を送っています。
しかし、ルーシーが7歳になったとき、「父親としての能力に欠ける」と判断され、ソーシャル・ワーカーによって、サムの手からルーシーは取り上げられてしまいます。
サムは大切な娘を取り戻すために、敏腕弁護士(ミシェル・ファイファー)の元を訪れ、裁判に出る決意をします・・・。

やっぱり泣きます。
ショーン・ペンの演技力はさすがで、知的障碍がありながらもルーシーをひたすら慈しみ、彼女のために必死になるサムを完璧なまでに演じています。
で、それに勝るとも劣らない、子役ダコタの演技力といったら!
賢くて愛らしくて純粋で、サムを気遣いながらまっすぐに愛するルーシーそのもの。
この二人が、お互いを本当に求め合い、必要とし合っているのに引き裂かれるのですから。
そしてBGMは全編ザ・ビートルズ。
・・・そりゃ泣くでしょう。

でもね、ただ泣かせるだけじゃなくて、「親子」というものについて、本当に考えさせられるのです。
設定だけ見ると、「知的障碍を持つシングルファーザー」というある意味特殊な親とその子の話ですが、実際には、すべての親に共通する、子供の愛し方、子供との向き合い方という普遍的なテーマを扱っているのだと思います。
サムの弁護人となるリタは、恵まれた地位や経済力がありながら、心を閉ざしていく我が子との接し方が分からず、苦悩しています。ややステレオタイプな描き方ではあるけれど、似たような不安を抱えている親は少なくないでしょう。
また、里親として登場する夫婦も、自分たちがルーシーを心から愛し、守ってやれると思いながらも、サムの純粋で一途な愛情に戸惑います。
登場する何組かの親子たちから、おそらく子供を持つ人なら(あるいは持たない人でも)、何かしら受け取るメッセージがあるはず。

もちろん、愛情だけがいくらあっても子供は育てられません。
でも、じゃあ他に何があれば十分なんでしょう? 経済力に教養・学歴・社会的地位・・・。
求めたいものはたくさんあって、でも、何が揃ってれば完璧、なんていうものはどこにもなくて。
仮に完璧な環境があったとしても、それで子供が幸せという保証もどこにもなくて。
完璧な親なんてどこにもいなくて、みんな多かれ少なかれ不安を抱えているはず。(むしろ、完璧だと自負してる親がいたら、その方がよほど問題がありそう)。
そんな、子供との関係に試行錯誤する日々の中で見て欲しい映画です。

ビートルズを楽しむ

それから、先ほども触れましたが、BGMは全てザ・ビートルズ。
これはサムがザ・ビートルズの大ファンという設定から来ています。
ルーシーの名前も「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」Lucy In The Sky With Diamonds から取ったという設定。
さまざまなアーティストがカバーしたサウンドトラックは、それだけでも十分に楽しめます。
また、セリフと曲のタイトルがかけてあったり、ジャケットを模したシーンがあったりと、ビートルズファンの方なら、かなり深い楽しみ方ができるはず。

アイ・アム・サム サウンドトラック   アビイ・ロード   ザ・ビートルズ CDボックス

Copyright (C) 2004 Junk Style. All rights reserved.