×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ ジャンクスタイルのホームへ

コーラスライン|A CHORUS LINE|映画/ミュージカル/DVDのレビュー

本文開始

コーラスライン【DVD】

コーラスラインは1985年製作のミュージカル映画です。かなり古いですねぇ。 でも、何度見ても色褪せることなく、本当に胸が熱くなります。素晴らしいです。

コーラスライン

コーラスライン
A CHORUS LINE

出演:マイケル・ダグラス, アリソン・リード, その他
監督: リチャード・アッテンボロー

1985年/アメリカ/ジャンル:ミュージカル

ただのダンス映画じゃない魅力

ストーリーは簡単に言ってしまえば、新作ミュージカルのバックダンサーのオーディション風景を描いただけのもの。
最終選考に残ったダンサーたちが、演出家(マイケル・ダグラス)に自分自身を語る場面が見どころです。
ダンサーたちが苦悩やコンプレックスを吐露しながらも、ダンスへの情熱を歌い、踊ります。

同性愛者、容姿コンプレックス、プエルトリカンやチャイニーズなどの人種的マイノリティなど、さまざまな立場からの苦悩やトラウマが語られます。
同じ同性愛者であっても、笑って明るく話せる人もいれば、どうしてもみんなの前では打ち明けられず、影で涙ながらに語る人もいます。

さまざまな悩みを抱え、ダンサーとして明日の運命も分からない不安。でも、そこから、ダンスにかける情熱やパワーが溢れ出します。
舞台の上ではただの群舞、大勢の中の一人に過ぎないコーラスダンサーたち一人一人の人生を垣間見ることで、ただのダンス映画ではなく、全体が深く奥行きのあるものとなります。見事です。

そして、結果が発表されるときのダンサーたちの表情。
ミュージカルはやはり生で見るのが一番だと私も思いますが、舞台では分からないであろう微かな表情も読み取れるのは、映画の大きな利点ですね。

ラスト、知らない方はいないと思いますが、「ワン」Oneの群舞は圧巻。
このシーンで、「あれ?なんでオーディションに落ちた人まで踊ってるの?」なんていう人は見る価値なし。(←実際いたんです、こーゆー人)

Copyright (C) 2004 Junk Style. All rights reserved.