×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ ジャンクスタイルのホームへ

キッズ|英語で子育て/英語教室の先生もオススメの英語絵本の紹介

本文開始

絵本のおすすめ(英語編)

英語教室の先生に勧められた絵本や、ネットや友人の評判を聞いて買ったもの。
うちの子どものお気に入りの英語絵本をご紹介します。
輸入版の絵本は、やっぱりAmazon.co.jpがダントツで安いと思います。

英語の読み聞かせに自信のないお母さんは、こちらをどうぞ。
 ・ 完璧な英語発音を身につける

くまさん、くまさん、なにみてるの?

amazon.co.jpへ

Brown Bear, Brown Bear,
What Do You See?

Bill Martin (著), Eric Carle (著)
ボードブック: 24 p
出版社: Henry Holth & Co (J)

「くまさん、くまさん、なにみてるの?」

「はらぺこあおむし」で有名なエリック・カールの作品。
"Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?"
"I see a red bird looking at me"
というような、呼びかけとその返事がとてもリズミカルに描かれています。
言葉の響きがとても良いので、口ずさんでいるうちに、子どもも動物と色の名前をあっという間に覚えちゃいました!

しろくまさん、しろくまさん、なにがきこえる?

amazon.co.jpへ

Polar Bear, Polar Bear,
What Do You Hear?

Bill Martin (著), Eric Carle (著)
ボードブック: 26 p
出版社: Henry Holth & Co (J)

「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?」と同じような構成で、今度は鳴き声の絵本です。
こちらは、言葉を覚えるというよりは動物の鳴き声や仕草を真似っこしながら子どもと一緒に遊べる本です。
鳴き声が分からない動物がいたり、braying(いななく)、trumpeting(らっぱのような鳴き声をあげる)、snarling(うなる)など、あまり使わない単語があって最初はちょっとだけ苦労しましたが・・・(笑)。
Brown Bearの絵本を気に入ってるお子さんだったら、こちらもきっと大喜びしてくれるはずです。

だめよ!デイビッド!

amazon.co.jpへ

No, David!

David Shannon (著)
ハードカバー: 32 p
出版社: Scholastic Trade

わんぱくで、物を壊しまくる、いたずらなDavidのお話。
大人も笑えるけれど、何故か子どもにはめちゃくちゃ受けます。
自分と同じようなことをするからでしょうか?怒るママがそっくりだから?
笑ったり怒ったりするだけじゃなくて、実はとっても感動するラスト。ぜひ読んで欲しい!
ママは子どもを叱る表現がマスターできます(笑)。

できるかな?(あたまからつまさきまで)

amazon.co.jpへ

From Head to Toe

Eric Carle (著)
ボードブック: 26 p
出版社: Harpercollins Childrens Books

Brown BearやPolar Bearと同じように、リズムの良い言葉の繰り返しになっています。
身体を使って子どもと一緒に遊べる、とっても楽しい絵本!
いろいろな動物が自分の得意なポーズをして、"Can you do it ?" と尋ねたら、"I can do it !"で、子どもと一緒に真似して遊びましょう。・・・というか、遊びましょうなんて言わなくても、子どもが勝手に真似したがって遊んでくれるハズ☆
"Can you do it ?"の問いかけは、日常的に使える言葉だから、とっても便利です。
(お手伝いをお願いするときとか。きっと"I can do it !"って答えてくれますよ)

・ Pickup ・

アメリカの参考書6冊セット

Click Here!

例えば・・・一の位、太陽系、三日月を英語で言えますか?
英語を分かっているつもりでも、算数や理科の基本的な事柄を意外と知らなかったりします。
アメリカで実際に子どもたちが使っている参考書は、そんな基本的な事柄がイラストや平易な英文で説明されていて、とても分かりやすいです。
子どもはもちろん、大人が読んでも楽しめます!英語育児の幅も広がること間違いなし☆

Copyright (C) 2004 Junk Style. All rights reserved.